To be made BAG

クリスタルメッシュのバッグはこうして作られます。

Mesh & Luc Bj

レタンセルのバックで使用しているスワロフスキー®エレメンツのクリスタルメッシュは、

メタルのメッシュにクリスタルのエレメンツが一粒一粒施された贅沢な素材。

IMG_1446

重量感がありますが、生地のようなしなやかな動きと共に

スワロフスキー®クリスタルならではのゴージャスな眩い輝きを放ちます。

(写真では実際のキラッキラッの輝きを写すことができないので、是非実物を見ていただきたいです!)

この動きと共に放たれる輝きを最大限活かすため

フランスのメゾンでの経験を生かし、

まるでクチュールドレス作るように長い時間をかけ丁寧に

立体的にオリジナルバッグを作り上げていきます。

IMG_1401

これはクリスタルメッシュの裏側

3mmほどの大きさの粒の中に4本の爪が付いており

リング状の輪で繋がっています。

この爪を目打ち(千枚通し)で一つ一つ開き、

輪の中に入れて爪をしっかり閉め

つなぎ目が分からないよう手作業でフリルや切り替えを作っています。

IMG_1382

そしてバックに縫い付けも吊るした状態で

たるみやツレが出ないように!!

ミシンが使えないのでもちろん手作業で縫い付けていきます。

Luc BRODEE

刺繍モデルも吊るした状態でドレープ(フリル)が綺麗に出るように注意しながら。。。

クリスタルメッシュに刺繍するのはとても大変な作業。

下絵が描けないのと、針がさせる所が限られているので

注意しながら、時間を掛けながら一つ一つエレメントの位置を確かめ

何日もかけて刺繍しているのです。

レタンセルのバックを手にした方に喜んでいただけるよう

一つ一つ心を込めて。

 

 

 

 


contact_buner

ページ上部へ戻る