ブログ

スパンコールドレス GISELE ジーゼル

メタリックな輝きが美しいイタリア製スパンコール生地のドレス(GISELE ジーゼル)

大小のスパンコールがランダムに刺繍され、シンプルで上品なスパンコールドレスです。
IMG_1060

スパンコール生地を使用したドレスは、縫い目をわからないようにする為、

何日もかけて縫い代やダーツの部分のスパンコールを外します。

とても大変な細かい作業となりますが、

美しい一枚の布のようなクチュールドレスに仕上げる為に重要な作業。

そして縫い上げてからも全ての縫い代がわからないようにスパンコールを刺繍し、

縫い目を完全に隠していきます。

  これは全面刺繍のクチュールドレスと同じ方法。

パリコレの裏舞台では、刺繍が出来上がってくるのがギリギリな事が多く、

刺繍作品が縫い上がるのが前日や当日になってしまう事も。

縫い上がったら、刺繍職人さん達が一斉に縫い目の柄を合わせながら

縫い目を隠すように刺繍していきます。

徹夜しながらの作業も当たり前。

パリコレの裏舞台はいろんな職人さんが携わり、

多くの人を魅了する素晴らしい作品の数々が出来あがっているんです^^。

IMG_0388

これは、スワロフスキージャパン株式会社の展示会用にドレスを制作した時の写真ですが、

脇の縫い目を縫い上げ、縫い目にスパンコールを刺繍してから、

裾に4種類のスワロフスキーエレメンツをグラデーションに配置し刺繍している様子です。

シールの色別でエレメンツの種類を分け、バランス良く刺繍して行きます。

裾にスワロフスキー®エレメンツが施されると、

歩くたびにスワロフスキーならではの美しいキラメキを放ってとてもゴージャス。

IMG_0360

 

ジーゼルは、襟ぐりや袖ぐり、ボリームや丈(ミニなど)も変更可能。

カラーはメタリックシルバー、ブラック、ヌーディーベージュ、

グレーががったホワイトからお作りできます。

ストレッチの生地のスパンコールドレスなので動きやすく、シワになる心配がありません。

サンプルの裏地は、着心地良さを考えてシルクサテンを使っておりますが、

動きやすさと、メンテナンスが楽なストレッチにも変更可能です。

 

GISELE ジーゼル

GISELE ジーゼル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る